霜降り明星も俺の話に合わせて霜降り地上の星とかに改名してほしい。ファイト!

ぼくは人に影響を受けやすく、自分が興味がなくても自分が信頼してるようなセンスの人たちがおもしろがってたら、すぐそれに触れたりします。

なので霜降りANNを聴きました。いままで聴いたことないくせに、しかもYouTubeで。

YouTubeで違法聴取したんですね!!!」とか「こっちは最初からずっと聴いてるのにスキャンダルがあったから聴くやつとかウザ〜!ガチファンの自分からしたら許せね〜!」とか言われたらどうしよう…ラジオリスナーとかそんなやつら多いし…「へぇ〜中島みゆきって暗いイメージなんだ?世間的にはそうかもね。まぁ俺は中島みゆきのANNを聴いてるからそういう人じゃないって知ってるけど笑」とか得意げな顔して言ってきそう…怖いよ…そんなやつがいたら殺そうっと…。

 

霜降りANN自体はおもしろくて、それ自体はもういろんな人が言ってることなのでくわしくは触れませんが…ていうか最初に話した通り、いろんな人が言ってることだからぼくも聴いたわけで、不特定多数に触れられまくってる話題に改めて触れても感染とかしそうだし、もういいでしょう。

 

霜降りANNから波及して、爆笑問題カーボーイでのトークもすこしだけ話題になってました。ぼくは爆笑問題カーボーイは、ずっと聴いているのでニワカがいたら当然のように馬鹿にするつもりです。

で、話としては「(霜降りANNの対応は)美談にするような話でもない、ただおもしろかったってだけだろう」みたいな指摘。これは、まったくその通りだと思います。思うのですが、今回の霜降りのことに限らず、どうしても美談とかが好きなのです、みんな。

 

たぶん、これは当人たちからは反論されると思うんですが、昔から思っていることとして、お笑いファンというのはなんなのか、という。

簡単に定義づけるとするなら、お笑いファンというのはお笑い芸人のお笑い以外の部分に魅力を感じる人たち、と思っています。

 

おそらく、特にお笑いファンでもなんでもない、仕事から帰ってきてなんとなくテレビをつけてバラエティ番組を見て途中で居眠りして目が覚めた時には番組のことを忘れてるような人のほうが純粋にお笑い芸人をお笑いとして見ていると思います。そもそもお笑い芸人のお笑い以外の部分、知らねえだろうし。

 

お笑いファンというのは、お笑い以外の話が大好きです。芸人の人間関係とか、逸話とか。これはおそらく、お笑い自体の性質に起因してるんじゃないかと睨んでいます。目を瞑りながら睨んでいるので間違ってるかも。

俳優における演技やミュージシャンにおける歌などと比べると、お笑いというのはコミュニケーションのウェイトが強すぎること、そもそもお笑い芸人の基本形としてコンビがあり関係性が生まれてしまうこと、そして例えば美談などがあった時の落差が俳優やミュージシャンと比べて大きいこと。(たぶん、日本のお笑いと海外(特にアメリカ)のコメディの違いもこのあたりの性質の違いが大きいはずです)

 

M-1の裏側に密着みたいな番組があったんですけど、ああいうのはいま挙げた事柄をうまく利用して、お笑いファンのお笑い以外に興味を待つ性質を捉えた番組だと思います。

おそらく、俳優が同じような苦労話を披露したところで、お笑い芸人が披露するそれより感動は薄まるはずです。なんなら、お笑いファンのなかにはお笑いを、美談とのギャップが生まれやすいから好きなだけなんじゃないか、と思わせる人すらいるような気がします。

 

とはいえ実際、ぼくもM-1の裏側みたいな番組を見て感動して泣いてしまったのですが、これは抵抗のしようもないと思うのです。

原則としては「美談などにせずお笑いはお笑いとしと受け止めるべき」というのはわかっていても、どうしてもお笑い以外の部分を受信してしまう。中島みゆきの暗い歌を聴きつつも、中島みゆきの軽妙なトークにも魅力を感じてしまう、ということがある。

なので、霜降りANNに対して、おもしろかったという感想は持ちつつも、ああいう放送をした霜降りの姿勢や考え方自体に魅力を感じてしまうのもしかたない、というより本質のようにすら思えます。特にラジオというのはお笑い芸人のお笑い以外の部分こそ重要なんじゃないか、とすら。

 

もっと話すことはあるような気がしますが、気のせいかもしれないし、さすがに長くなってきたので、そろそろ終わります。

ちなみにぼくは中島みゆきのANNなんて聴いたこともないし、中島みゆきの歌自体ろくに聴いたことないです。

 

 

おしまい

なにを言ってるのかわからない

いつだかの下書きがあったので下書きを載せます。

 

 

唐突に思い出したので唐突に書きますが「女性は勘が鋭い」なんて言い伝えがあります。言い伝え。どっかの村でしょうね、あるんでしょうね。

 

学生時代の話ですけど、ある女の子がいて彼氏がいて、そいつが浮気したっつって「なんか雰囲気ですぐわかった」みたいにその女の子が得意げに言ってたんです。それでぼくはぼくで「はぇ〜すごいね」なんて答えてたんです。

 

でも、ぼくは知ってて黙ってたんですけど、その彼氏って4回くらい浮気してるんです。その女の子はなぜか1回だけだと思い込んでましたが、彼氏目線では1/4がバレただけなので、その女の子は勘が鋭いどころか、むしろ逆でめちゃくちゃ鈍いんですが、まぁ1/1だと思っちゃうんでしょう。

 

こういうことってよくあると思います。

映画でも小説でもラジオでもなんでもそうですが、たとえば全部で100の要素があって、そのうち10しか理解できてないやつがいたとして、しかしそいつのなかでは10=全、と思い込んでいるので他の読者や聴取者と同じ感受性かのように思ってしまう。はたから見たら残りの90を理解できてないので、実質的にはなにも理解できてないも同然なのですが、本人だけは気付かず調子に乗っている。自分が理解できる部分だけがすべてだと思っている。

 

これ、なんの話がしたいのかっていう意図がよくわかんないでしょうが…んー…いや、なにが言いたいっていうと

 

 

ここで下書きは終わってました。

なにが言いたかったのかは、もう覚えてないです。何ヶ月か前に書いたものだと思うので。

これ、本当に何の話なんでしょうか。たしかに学生の頃にこんなことはありましたけど、なんで急にこんな話をしたのかはわからない。鈍いのは俺じゃないんか。

終わりです。

 

 

おしまい

電気が通ってなくても発動しそう

クーラー。こないだもクーラーの話をした気がしますが、今日もします。

 

クーラー、つけてないんですけど、ほとんど。

でも、勝手につくことあります。反乱ですね、機械の。

もともとマンションに備え付けられてるエアコンなんですけど、ぼくは最初、定期的に自動で清掃してくれる機能が(説明書だかリモコンのパネルだかには、内部クリーン、などと書いてたと思います)作動しているものだと思い込んでたのですが、クリーンしてるだけにしては騒音しまくりだし(これ備え付けのエアコンだしマンション自体が訴えられるんじゃないの?って感じ)よくよく身体の感覚を意識してみると、めちゃくちゃ寒い。

 

で、リモコンのパネルを見てみると「冷房 16度 ハイパワーモード」とかってなってます。なんで?

いや、たしかに「冷房」も「16度」も「ハイパワーモード」もぼくが設定しましたが、勝手に作動しろとは一言も命令してません。

とはいえ消すのも面倒っていうか、まぁ放ってたりするんですけど、ふつうに寒くなるし、同居人が帰ってきたりすると「なんでクーラーなんてつけてんの!?」などと怒られる始末。つけたのは俺じゃないけど、信じてもらえそうにないので自分がつけたことにしてます。なんで機械の反乱をかばわないといけないのか。怒られるの俺だし。

 

反乱などと言ってますが、自動で作動しているわけでナメるなって話だしヒトだよこっちはってこと。リモコン、いじりました。

結果的に自動で作動するのは止まりましたが、ずっと送風にせざるをえなくなっています。冷房にすることもできますが、その場合はそのまま切るとオートモード発動するようです。なので切る時は送風に戻してから切らないといけません。それでも絶対に発動を封じれるわけではないみたいですが。

 

言うても、最近は怒られること自体ないのでどうでもいいですが、毛布、かぶってりゃ寒さはしのげるし。電気代とか環境問題とかは、知らないです。知らない、です。じゃあそれではこのへんで。

 

 

おしまい

人が多くなりすぎてる

このブログ、5月後半の失速っぷりがひどいです。5月の後半はデリートされたんか?

でも数えたら8つも記事を書いてました。ペースだけでいえば4日に1記事ですが、5月後半が存在しなかったことを考えると、2日に1記事ペースといっても過言ではないので、まったく問題ないと思います。

 

6月になりました。

日本においてコロナ騒動は医学的疫学的問題ではなく、空気や意識や自粛の達成度の問題にすり替わってしまっていたので、まぁこれからも感染者は増えたり減ったりするでしょうが、先月までの厳戒ムードはなくなっていくと勝手に思ってます。そこらへんにウイルスいてても「ういるす?あんだけ我慢したんやからオッケーやろ!」って感じ。

 

ぼく、車に乗るんですけど、明らかに交通量が増えてると感じます。ていうか宣言前より増えてんじゃねえの?少なからず入院患者も死者も出てるんだから、減ってないとおかしいはずです。

 

コロナ後、人々の意識が変わる説と、変わらない説があったんです。なんか、まぁ、賢そうな学者さんとかのあいだで。

変わる派としては、新しい生活様式なんかがわかりやすいですが、物理的接触はリスクであるという認識が人々に埋め込まれる、政治的には私権制限や国家権力の強化やむなし、みたいな生活から国家までガラッと変わる、と。

変わらない派は、いやいやいまはいろいろナイーブになったりヒステリックになったりしてるけど、意外とみんな簡単に忘れるんじゃない?まぁ多少は影響あるかもしんないけど根本的には変わんないじゃない?って感じ。

 

ぼく、正直言うと最初は変わる派だったんですけど、変わらない派に鞍替えしつつあります。

 

ちなみに、これを読んでいる人が思う、人類の歴史上で一番印象に残ってる病気はなんでしょうか。

いろいろ本とか読んでたら、天然痘とかペストとか、最近だとエボラとかエイズとか、そんなんが記憶に残りやすいと思いますし、ぼくも実際頭に思い浮かぶのはそのへんですが、死者数/時間での被害が一番多かったパンデミックスペイン風邪ですね。2年足らずで1億人殺すのはちょっと次元が違ううえに、そんなに大昔の話でもない、しかし圧倒的に印象が薄い病気なんじゃないかと思います。

 

コロナはスペイン風邪パターンじゃないかと睨んでます。勝手に。そうじゃなかったら、また別のとこを睨みます。

 

 

おしまい

個室がクーラーボックスならいいのに

クーラーつけてます。ダメでしょうか。

しかし「感染対策!」という呪文だけでほぼすべての状況をゴリ押しできるような世界になってしまっているわけで「熱中症対策!」の呪文でクーラーが運転を始めてもおかしくはないはずです。

 

いまさっきまで寿司屋に来てました。寿司屋?寿司屋なのかな?よくわかんないけど、寿司が出てきてないから寿司屋ではないかもしれない。

コースがいくつかあるんですが、ぼくはメニューの詳細なんてろくに見ないので「食べログで寿司屋を検索したらこの店が出てきたし、どのコースにも寿司があるやろ!」と思ったら、ぼくが頼んだコースに寿司はなかったです。

ちなみにカウンターではなく個室で食べていたので、寿司を握ってるのかどうかも確認できず料理がやってくるまで寿司があるかどうかはわかりませんでした。ていうか店に入ったらカウンターの向こうで寿司を握ってたっぽかったけど、ウソやったんか?泥?握ってたの泥?

 

しかしこの店、おそらく空調が存在しないんじゃないかと思うんです。妙に暑かった。個室のせいではないと思います。5月になり暖かくなってきたっていうのにメインに鍋が出てきたせいもある気がしますが、これは別にコースの内容をしっかり見なかったぼくが悪いわけではないでしょう。「ちゃんとメニュー見ろ」的なことを言われた気もしますが、そいつにはアツアツ鍋をぶっかけてカウンター喰らわせた気もします。

 

京都の閉鎖的で陰湿な部分が出ているのか、たしかにぼくには寿司を出してもらえませんでしたが、寿司もあるのはまちがいない。たぶん腐ってると思います、魚。

 

で、この記事なんですが、いまどこで書いてるかといえば車中です。クーラー18℃ですわ。魚、泳ぐんじゃないの?ハンターハンターのヨークシン編で団長が戦闘シーンもなしで殺してたやつの念能力みたいな感じで。あれって殺されたやつの能力じゃなくて団長の使った能力だったっけ?忘れたけど、まぁそこはどっちでもいいでしょう。

おうちに帰るので終わりです。

 

 

おしまい

ヒマだからって2000文字も書くことないだろう

まぁ浜崎あゆみの話はひとまず置いといて、いま、なぜぼくがこんなにヒマなのかという話をします。

 

今日…5月14日のことですけど、14日の朝から働き、ぼくが家に帰ることができるのは15日の朝になります。

24時間ということになりますが、それでは労働時間がやばいということで、あいだに長い休憩が入ります。で、いまがロングバケーション真っ最中なのでヒマなのです。

 

なにもすることがない、なぜなにもすることがないかといえば、滋賀にいるからです。滋賀ってなにもすることがないってところが特徴だからね。そろそろ県としても観光の目玉として売り出すと思います。コロナ禍で、家に引きこもってなにもしないことがプラスとされる考えができましたので、滋賀県はコロナで得した県のひとつとなるでしょう。

 

いまのぼくは仕事のジャンルを聞かれたら開発と答えるんですが、まぁ部署の名前にも開発って入ってるし、でもあんまりなにを開発してるかの説明をしてもしかたないので、とりあえずここでは割り箸鉄砲の開発としておきます。

 

仕事の流れとしては、ぼくがですね、どんな割り箸を使えばいいか、鉄砲の使いやすさ、輪ゴムの材質の検討、威力の増大、などなどを考慮して設計し、試作の割り箸鉄砲で実験を繰り返し理想の割り箸鉄砲を作るわけです。ここがぼくの仕事となります。床の上が割り箸と輪ゴムだらけになるほどの実験を繰り返すので途中で「この世から木が消滅すればいいのに」と思うとか思わないとかです。

 

このあとは割り箸鉄砲の量産です。ここでは違う部署に仕事が移るので、ぼくは送られてきたデータを軽くチェックするくらいで、ほとんど関係ないんですが、その量産体制がうまくいってない場合もある。そういう時は軍需工場に行くこともあります。で、今回はその軍需工場が滋賀にあるって話です。なにもない滋賀県に割り箸鉄砲を作る仕事と、割り箸鉄砲という武器を伝来したこと、忘れないでほしいです。

 

ぼく、前にこの軍需工場にいたことがあるんです。ちゃんと鉄砲が作られてるかとか、鉄砲を作る設備にトラブルが起きた時に対応したりするんですけど、いまその仕事に就いている人が、人は良いんですけど、その人の良さが災いして仕事に支障をきたすって感じなのです。

本来はその人にすべて任せる、っていうかそれがその人の仕事なんですが、以前ぼくがそこにいたこともあって「お人好し軍曹と良い感じで話し合いつつ工程も人員配置もうまいことおさまるように調整してきてよね」という赤紙的なことを言われてクソ滋賀にまでやってきたのでした。

 

そのお人好し軍曹の作った工程なんかを見ると、工員たちに優しい設計になってるせいで生産がうまくいってないようです。

さすがに「やるべきこと」はやるようになってるけど、「やったほうがいいこと」は基本やらないようになってるし「やってもやらなくてもいいこと」は当然のようにやらないことになってる感じ。

シフトもおかしくて、ぼくはなんとなく滋賀労働者どもの能力や性格も把握しているんですが、明らかに経験が少ない学徒動員って感じの行員しかいない日とかあったりします。工場は24時間365日稼働が基本なので、シフト調整の難しさやコロナの影響もあり、そうなってしまっているのかもしれませんが、鉄砲に不具合が出るのは困ります。人、殺せないからね。

 

なので、ぼくが工程を設計し直したんですけど、これは結局のところ「やったほうがいいこと」を「やるべきこと」にして「やってもやらなくてもいいこと」を「やったほうがいいこと」に、それぞれひとつ段階を上げるって感じなので、学徒たちからのクレーム必至かもしれません。鬼軍曹呼ばわりされるかも。ちなみに現段階ではその新工程はお人好し軍曹には見せてないです。学徒たちを守るためにぼくに特攻して自爆する可能性もある。

 

ただ、データを見ているとシフト的に能力が高い職人工員たちが多い日は、割り箸鉄砲の不良率も基準値に収まってるのです。人、殺せる。なので、工員たちの能力が高ければお人好し工程でもなんとかいけそうなんですが、一朝一夕に割り箸を研いだりするのがうまくなるわけでもないでしょうから、やはり当面はぼくの鬼畜工程でやってもらうしかありません。

 

なんだかぼくが悪者かのような文章になってしまいました。というか実際、工員たちのあいだでは悪者になると思います。ぼくが工員の立場なら、ぼくの家にカラスの生首とか送りつけますね。クール便にせずに送りつけます。いや、そこまでの白骨街道って雰囲気の工程ではないんですし、ふつうにやれば定時内で終わるようにはしているはずなんですが、でも仕事は楽であれば楽な方がいいもんね。まぁお人好し軍曹と話し合って調整はします、はい。

 

 

おしまい

あゆみ登場以前の浜崎といえば釣りバカ日誌のハマちゃんしかいなかったそうです

このブログ、以前は大量の下書きを毎日20時に予約投稿してたんですが、最近は書いてすぐ出すというマスカキシステムを採用しています。

とはいえ、実は下書きのまま放置して出してない記事もいっぱいあるんです。時事ネタを書いたものの投稿する時にはあまりにも状況が変わっていたり、悪口が過ぎるように感じたものは予約を取り消してます。

つい最近も取り消しました。Mってドラマの実況をSNSでしている人たち…のなかの一部の人たちのことを書いたんですけど、やめました。このままデータの海に消えていくんでしょうけど、Mの実況者たちも消えていくので、痛み分けってことで。

 

Mは見ていないしMのSNSでの盛り上がりについても口をつぐむというなら、もはや浜崎あゆみの話しか残されていませんが、ぼくは世代的には浜崎世代なので話すこともできなくはありません。でも人から「きみ、浜崎世代だよね」と言われたら烈火の如く怒るので、絶対に言わないでください。

 

Mも含めてですが、浜崎あゆみもいつのまにかネタっぽくなりましたけど、全盛期…とりあえず、それをぼくが中学の時と考えますので20年くらい前ですね。その頃は当然ネタっぽい存在ではない。

あの鼻にかかった声と喋り方を真似されたり、深夜の馬鹿力でリスナー電話参加の浜崎あゆみ選手権があったりしましたが、それはむしろ中世の道化師が王様を笑うようなもので、浜崎あゆみの絶対的な人気と権威があり、そこからの落差を利用し成立していたように思います。

 

実際、ぼくが中学生の頃、女子たちが教室の後ろの黒板に浜崎あゆみの歌詞を書いたり、ライブチケットの抽選に応募する男子もいましたし、挙げ句の果てには「卒業式で三年生に贈る歌を浜崎あゆみのMにしよう」という気が違った意見すら出る有様でした。

 

ちなみにぼくも件の男子にライブへ誘われて抽選に応募しました。ぼくは浜崎あゆみでヌイたことはありますし、ネット上で浜崎あゆみアイコラを集めていたこともありますが、彼女の歌自体はろくに聴いてませんでしたので「生で見て新鮮なオカズをゲットするで!」くらいに思っていましたが、しかし考えてみると、友達に誘われたとはいえ、ただのオカズ要員のライブに行こうとすること自体が当時の浜崎あゆみの圧倒的大衆性の証左だと思います。いまとなってはしっかり覚えてないですが、そのくらいの興味を浜崎末端構成員のぼくですら持っていたことになります。ちなみに抽選には外れました。

 

もうすでに1000文字は超えてしまいました。

まだ話の始まりだったのですが、とりあえず、もう終わります。続きはまた明日です。現在、ぼくはとても暇な状況なので、このあいだにいっぱい下書きを作るつもりなのです。ではまた明日。

 

 

おしまい